Skip to content

教義

腹八分で医者いらず
腹六分で老いを知らず。
腹四分で神に近く。

日本の江戸中期に「水野南北」という
有名な観相学の先生がいて
その先生も少食にすることで腸が元気になり
すべてが運がよくなると説いていたようで。
腸でセロトニンが作られるので
理にかなっているんでしょう。

一日一食の優れた点は
疲れ知らずにある気がする。

Comments are closed.