Skip to content

EV

車の売却時期が近づいて来たので、業界の動向を調べていると、欧州のメーカーは2030年までにEVのみの販売に完全に移行するとある。D・ロックフェラー氏亡き後、待ってましたとばかりに脱ガソリンに動いたのは噂通りのよう。

しかしながら、原発や火力発電のコストを考慮すると、プラグインハイブリットの方が地球やユーザーにとっても優しいという話もあり、日本の大手自動車メーカーもエンジンの生産がなくなれば、30万人以上いる社員の雇用維持はおろか、子会社、取引先も経営が厳しくなるなど課題は山積みのようで、はい脱ガソリンとはいかないようです。

今はVOLVOもプラグインハイブリットをメインに販売していますが、後10年で完全にEVへ移行と断言しているということは、日本も生産せざるおえない状況になるはずです。いずれにせよ早めにガソリン車を手放して、しばらく様子を見た方が良さそうですね。

さらに今後リースが当たり前になれば個人的にも嬉しいのですが、メーカーやローン会社も消耗品と分かってるが故にデメリットの方が大きいので、現状は売れないよりはマシと言った内容で条件は良くありません。

しかしながら、車はリースで十分ですし、月々が割高でも不要になったら残債なく返却できることはメリットしかないように思えますが、一般化するまでもう少し時間がかかりそうですね。

車に対する承認欲求のツールとしての位置付けも、昭和的な価値観も一部を除いては早い段階で瓦解し、車は移動するハコとして認識されるのは、もう間近に迫っている気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。