Skip to content

ある視点

全てを失ったとしても
自分を信じられることは幸せなこと。
熟考した思考、経験、磨き続けた感性。

日々の鍛錬と産みの苦しみから開眼した
クリエイターの店に出会うと心が解放される。
カッコつけることもなく
誰かの真似でもない一人の日本人による
研ぎ澄まされた感性。

それに近づくために
昨日の自分と闘う日々。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。