Skip to content

カテゴリー: SURF

肩頭の速く掘れた波

沖縄以来かな。サイズがでると更に難しい。事前の観察と波を追いかけてからのテイクオフポジションが重要なんだと動画を見るとわかりますね。つっこむ勇気と慣れなんでしょうけれど、肩頭の速い波で掘れるとチキってしまう。うますぎて参考にならない動画を見てイメージ。

KIRI HIDE Channel

ほとんど見ることがないショートの動画。唯一、切詰さんのライディングだけは見惚れますね。肩のラインが一定で自転車を乗るようにスムース。無理矢理フガフガ動かしてる感じはなく、波に合わせて気持ちよさそうですね。

実際、日本でもトップレベルのフリーサーファーではないでしょうか。カッコつけてない感じも、時代に合っていて、さらに好感をもてます。四国に行った際は、ぜひ生で拝見してみたいです。

もう3年まだ3年

ロングにも乗るようになって3年が経つ。
はっきりいってまだまだ。
後7年でいけるだろうか。

Fin

Mitsven Egg

Mitsven Egg
Mitsven Egg

理由はなくEGGのアウトラインが好きで
何本も欲しくなります。
自分の性格にぴったりなものがあれば
色をかえて常時3本は持っておきたいぐらいです。
そして2本はオーダー中なんて。
そんな贅沢はお天道様が許してくれません。

Mollusk

Magic Sam

ステップデッキに乗りたいと思って
出会った時に買わなければ
1、2年待ちなんてありえるわけで。

高齢なので世代交代されているかもしれないけれど
それでもAndoriniさんがいるといないとでは
魂の入り方が違う気がしてしまう。

川口のサーフショップに元になった
YATER SPOONを見つけてしまったために
即納か、オーダー1、2年待ちか。

こうなってしまうとどっちもなんて選択も。

andreini

Vaquero、MP、Serena、Magic Sam

Ensyu

偶然にも杉浦さん。「時勢に流されず、逆らわず、ひっそりと。」先の先を見ているデザイナーらしい言葉。すべて。流石や。

VOUCH EVO 7’6

モモからハラまでオールラウンダー。今も思い通りに乗れてるわけではないけれど、5年前、初めて味わったグライド感はしっかりと憶えてる。1代目はあげてしまったけれど、やっぱり乗り味が好きだった。ロゴもシンプルな太ゴシックが効いている。確か、アートディレクターが、ポールさん(シャイパー)の息子さんの彼女だったかな。センスいい。

RIDE SURF + SPORTS

オーナーの柴田さんの人柄が伝わってくる素晴らしいお店。って言っても七里でお見かけたことしかないんですけど。文から伝わる丁寧な方。ありがとうございました。

Toyohama again

風があっても、空いていて、少しのフェイスとスリルがあれば十分。

欲動

体が欲している。春の遠州灘、2、3日どっぷりといくしかない。もう少しで山もはじまる。体力作りも万全だ。しかし、そういうことばっかりやっていて大丈夫だろうかと少し不安に苛まれる時もある。いや、いいんだ。仕事にも大きく役になっていることは間違いないのだから。

RYAN

スピードは人を惹きつける。