Skip to content

月: 2018年12月


























京都の観光はいつも行かないメジャー所へ足を運んでみると新しい発見がある。でも一番の楽しみは食事。それだけの為に行っている。

昼は鴨南蛮。夜は京懐石に。熟練した人は包丁、箸、器を持つ手つきが違う。神経が通っていると言うか。所作や言葉選びも味のうち。関西風は山椒の相性が抜群。水質も違えば出汁の取り方も違うみたいで、素材について今後に活かせる情報を得る。

個人的な感想ですが、冒険はないけどすごく美味しい。出汁、グジの焼物、胡麻油と塩で頂く肉厚な〇〇イカと真鯛、山椒の甘いタレとイチボ、まる大根の煮付け、栗のアイスが絶品。〆は鯛飯と。色々勉強になりました。

成長と変化


戌年の年男と年女。成長と変化を感じられた良い年だったと思います。

心労絶えない大変な時期もありましたが、仕事に向き合い、旅をして、いい波も当たり、山に登り、先輩たちに支えられ、仲間と楽しい時間を過ごし、そして新しい家族を迎えられた。

感謝の1年。

さくらは友達とホテルでお留守番、それも社会勉強になる。僕らは恒例の京都へ。

OGAWAKEN

ほんと美味しい。小川軒のレイズンウィッチ。目黒店の前を車で通る度に気になっていたんだけど。鎌倉にもあるなんて。しかも歩いて5分ぐらいの所。

心地いいサクサクした生地の食感、かすかなバターの風味とレーズンの甘さがなんとも堪らない。いくつでも食べれてしまう。

波乗り後には、冷蔵庫で冷やしたレイズンウィッチと三ツ矢サイダーがまたいい。

OGAWAKEN

低気圧

波があるけど、

2時間入ってたら北風で頭がキンキン。

帰りの自転車なんて手がかじかむ。

でも、乗り足りないから、

全部ほったらかしていくんだ。

雪の静寂

山の道具をすこしつづ揃えていると、いつのまにかBCも考慮したものになっていた。魂は、登った上に滑る方も求めているようで、小さい頃から冬はスキーやボードで遊んできた僕のルーツがそうさせるのかもしれない。

思い出すのは雪の静寂。18年間、近くにあった奥羽山脈の雪山が恋しい。それは綺麗でとても寂しい雰囲気。

夜になれば、規則的に並んだオレンジ色の街灯がスポットライトの様に、しんしんと降る雪を照らす。冷たい空気と軋む足音、息遣いのみが聞こえ、音の反射がない密度の濃い静寂があたりをつつんでいる。

上を向けば、1,026m上空にあるテレビ塔の光。その規則正しい点滅をただなんとなく見ていると、意識が心の内側にスーッと戻っていくような、なんとも言えない穏やかな気持ちにさせてくれる。

冬の侘び寂びというか。冬になると地元駅からの長い一本道を思い出す。

   




ARCHITECT MADE

北欧の玩具メーカー「アーキテクトメイド」の日本オフィシャルサイトを製作しました。

https://architectmade.net

限られた素材の中で北欧らしさを考えながら、モノにクローズアップできるようにレイアウトを組みました。レスポンシブデザイン、SHOP LIST、MEDIAは、別途プログラムを組み簡易的に更新できるようにしています。










思いやり

小さくとも会社を経営していると、共生共栄の精神が養われていく。「思いやり」という精神が最も尊いことなんじゃないかと皮膚感覚で感じる日々。

自分に嘘をついているか?という線引きで顕著に分かれ始める30半ば。人との関係性も様々な変化が表れる年代。尊敬しあい成長できる仲間はとても大切。つまらない違いを見つけては皮肉を言う友人なら自然と会わなくなる。

仕事の仕方も、成長と自由のためにビジネスを起こし、僕は自由をもらう代わりに、クライアントに収益として還元される様に力を注ぐ。相手の立場で考えて何が最善か考える。

ハートを打ち抜いた分だけ、高い報酬をもたらし、自由と信頼を得る。こんなもんでいいやとは思いたくない。可能な限り。

何かで繋がっていようが繋がっていまいが、「思いやりのマインドの継続」が幸せの連鎖になっていく。

ぼんた

博多のぼんた、塩味が美味しい。
辛味噌も旬。白モツがプリプリ。
こてっちゃんじゃありません。

土鍋は御天道様の下より、
屋根がある所で食べた方がより美味しい。
鉄鍋は外の方が美味しく感じるんだけど。

なんでだろう、不思議。

http://niku-bonta.com

忘年会

忘れたいことなんて何一つない2018。
それぞれ度合いはあるけれど
大体の事に成長を感じたいい年になりました。

すべて支えてくれる人たちのお陰。
「ありがとう」の気持ちが
心の底から湧いています。

それから関沢製作所で、
持ち寄りの料理で忘年会&個展。

色んな個性が集まってるから、
しのぎを削る。

ほんとは大人数と長時間が苦手だけど、
折角、場を用意していただいてるから、
溶け込んでいく勉強。

こういう時間が後々、
クリエイティブに生きてくる。

それは関沢製作所に集まる人たちの
気がいいからに違いない。

Children

さくらの散歩してると毎日子供たちと戯れる。

恐る恐る撫でて、キャーキャー言って。

明るく、楽しく、素直で可愛い。

いつのまにか隣に赤ちゃんまでいる。

サングラスをかけたお洒落なお母さんたちも。

寛容な雰囲気で満たされている。

一部の大人のように嫌味や皮肉がない。

だからこそ自由でいられる。

子供だけの特権ではない。

低学年ぐらいかな話してると面白くて

女の子だからちんちんないの?とか。

普段の僕の発言と変わらない。

どうしたことか、。


Bro

特にお世話になった先輩4人いて、
その中の東京で知り合った藤原さん兄弟。

駒沢公園でスケートした後、
下馬の家でハイネケンをしこたま飲んで、
仲間と毎週のようにクラブに行った。

色んな事教わったなぁ。
音楽から色んなセンス良かった人。