Skip to content

カテゴリー: AWAKE

日本人のアイデンティティ

田舎は過疎化による廃墟が目立ち
日本の市街はどこも同じ色と形の景色が続く。
岐路に立つ日本人によるアイデンティティ。

大器は晩成す : 老子

すぐれて立派な人物は、「道」を教えられれば即座に実行する。中程度の人間は、「道」を教えられても半信半疑である。つまらぬ人間は、「道」を教えられると腹をかかえて笑いだす。こんな連中の物笑いになってこそ、はじめて「道」だと言えるのである。

――ほんとうに明るい道は暗く見える。ほんとうに前進している道は後退しているように見える。ほんとうに平らな道はけわしいように見える。すぐれた徳は谷のように虚に見える。純白なものは汚れているように見える。広大な徳はどこか欠けているように見える。堅固な徳はどこか頼りないように見える。

質実な徳はどことなく節操がないように見える。この上なく大きい四角は、角ばって見えない。この上なく大きい器は完成するのもまた遅い。この上なく大きい音は耳で聞きとることができない。この上なく大きい形は目で見ることができない。「道」は途方もなく大きいので名前のつけようがない。 要するに、「道」は万物を生み、万物をはぐくむ根源なのである。

人生の3

1 私心を捨てる。
2 欲望ではなく大きな願望を持つ。
3 世の中に役に立つ創造をする。

あとは深い呼吸と日々の積み重ねで
感謝が継続するような状態が続く。
無理してまでもがく必要はなく
焦った時こそじっと身を任せてみる。

天地は不仁なり

作為を捨てて虚心に徹すべし。

心で与えたものは相手も心で受け取る。
その感覚は一生忘れない。

頭で考えた作為的なものほど伝わらず
結局、必要のないものだったりする。

結局、豊かさとはなんだろう。

作為的なものを与えられ続け
ドーパミン中毒に陥り
大部分が不要な物に囲まれて
今日も愛想笑いをして生きている。

2000年経っても破壊を止められず
誰かが勝手に作った国民の三大義務とやらの
不安と恐怖に歩みを止められず病んでいく。

今だから虚心に徹し
本当の心の声を聴くとき。

IS-BE

1947年ロズウェル事件UFO墜落で生き残った
異星人ロエルへのインタビューが興味深い。

我々はIS-BEというスピリットで地球由来ではない
我々は支配層に馴染まない革命児or精神障害者だった
それらを閉じ込めるのが牢獄惑星が「地球」
地球は災害が多く永遠の居住には向かない不安定な星
多様性は差別を生み戦争ばかりが続く
発展しても平和はこない
新技術は古代の記憶を思い出しているだけ
技術発展しても精神性が上がらなければ無意味
輪廻転生とは記憶を消され地球に戻す監獄システム
ピラミッド時代から続く役に立たない文明
芸術や音楽や物も開発つくされた不要なもの

確かに。幸せほど長くは続かない。
だから儚く楽しい面もある。
牢獄のようなマトリックスの世界で
戦争、搾取、奴隷が何千年と続く。
宇宙的にみれば野蛮で最下層には違いない。

この牢獄システムから解脱する方法は
親切にも約2500年前に老子やブッダが
残してくれている。
ここで仏教と繋がるとは。
カネやモノやヒトに執着している地球人自身で
システムが完全に破壊できるのは
遥か先だと言う。

老子の言う「真理は全ては逆にある」である。
どちらも今、学ぶべき本ではないか。

生きるのが忙しい?

自分が本当に好きでやっているならいいけれど
国という搾取システムに乗っかって
やらされているだけなら早くやめた方がいい。
何かに執着して盲目になっている人もいる。

孫さんが私はゴッホのような生き方が
本当に尊敬できると言っていたのは
お金と幸せは直結しないということを
自ら体現して言ってるんじゃないかな。

いつまでも隣の芝は青く見えるものだし
自分の幸せってなんだろうって
日本人が本気で考えるタイミングじゃないのかな。

謙虚が最初

謙虚さがなければ、感謝を理解できず
感謝ができなければ、愛を享受できず
驕れるものは久しからず、落し穴にはまる。

初心者と上級者が同じ場所に混在する
サーフィンというフィールドでも
人間性、社会性が表れる。

幼少より謙虚をしらずに進んだ場合
競争意識と強い承認欲求により
他者と比較し欠乏感を抱える。
その腹の中に抱えた欠乏感は
チャンスも生むが社会性の課題を生む。

負けず嫌いを通り越した反骨精神は
鋭い目つきで自分以外の波も貪るようになる。
欲求を満たすため金と物を求める。

まさに過去の自分。
エネルギーになるけど
反骨は最終的にいい結果ならない。
自分を模索していた。

幼少期から親による謙虚さを学んだ
または若いうちにできるだけ多くの失敗をし
経験で得た人間は今あるものを大切にできる。
その理由を自分で考える癖がつく。
それが分かると心から感謝できる。

謙虚は一流のアストリートのように
素直に好きなことに没頭できる
自立した大人に育つ種子になる。

そういう人は強い。何度でも挑戦できる。
人からも応援される。謙虚さは本当に大切。

TOKYO OMNIBUS

自分も上京したてで
刹那的な生き方をしていた時代に
夕立にふられ雨宿りで寄った
吉祥寺の小さな古本屋で手に取った一冊。

改めて買いなおした。
25年経っても当時の空気のまま。
素晴らしい本。

Feeling of Groove

音楽用語で使われるグルーヴ。
タテノリとヨコノリ組合せや緩急というか
優れたDJは必ず持ち合わせている。

とても奥が深く目に見えるものから
見えないものまで
あらゆる所にそれが存在してことに気づく。

サーフィンやスケートボードの動き
ファッション、写真、アート、建築、
ヘアスタイル、料理、小説、機械、人間など
枚挙にいとまがない。

目立ちたいお洒落に見せたいとか
格好よく可愛く見せたいとか作為的なもの
誰かの真似では生じえない視点がある。

潜在意識にあるその人となりが現れた
センスと言われるものの正体なのか。
後天的に経験と教養で身につくのか。

恐らく感と勘に違いないが
言語化できるほど自分もまだわからないが
その感覚を養いたい。

群れ

ヒーローは群れない。
群れるのはいつも悪役。
このポストを見て成程と思った。

私はヒーローでも赤レンジャータイプでもないが
幼稚園の頃から
多数決で多い方が正解
友達が多い人が言うことは正しい
有名人がいうことは当たっているという
この風潮に納得したためしがない。
実際、日本に民主主義なんて存在していない。

それなりに理解する努力をして
それでも理解されずに大変な道でもあったが
今はそれで良かったと思える。

真実は小説より奇なり。

欲望の充足は限りなし

華美を追求しない。
内容の充実につとめる。
経済成長は神話であり
人間の幸福はそこにはない。

自分だけのバンク

波と同化している
個性を感じるサーファーは
自分だけのバンクを常に探している。

自分だけのバンクを探すことは
生き方の反映であり
自分で考え選択し行動した経験は
成否など関係なくすべて糧となり
人生を豊かなものにしてくれる。

何も考えず人のいるポイントへ入ったり
多数派が正解と思い込み少数派を否定したり
一人旅ができない大人になってはいけない。

awake1

「進化した世界では、人生を『私たちみんな』という立場から捉えているのに対して、地球では、ただ『自分だけ』が重要なことなんだ」

アミ小さな宇宙人

何を作れば世界が良くなるのか黙考する。
貨幣制度と我欲にまみれていたら
足るを知ることを忘れ
多大なストレスから酒に溺れ
気づいたら一生が終わる。
うまくいく人はみんな
私たちみんなの視点を持っている。