花器

境道一さんの花器。1000°以上の高温で、長い時は2週間と忘れるぐらい長時間焼き続ける焼締。燃えた土の表情がたまらなくなった。エネルギーとモダンさを感じる。焼締の器というのは、一つ出すだけでその場が締まる。 パートナーで...

Nike ACG

Okwahn II。12月1日発売されてすぐ完売でしたね。海外通販だとまだあるよう。ハイテクとローテクの中間のような感じと色使いが秀悦。足のフィット感が安心する。

ななさわ窯

松本さんと直子さんの作品。 花をさす器を作って、器にさす花を育てる。 素晴らしい表現の仕事。 芸術家の人は会えば会うほど、 味わい深い素晴らしい人ばかり。 生きてきたルーツを探ると 作品も人ももっと好きになる。