Skip to content

カテゴリー: PRODUCT

ALLSTIME

ドライブの途中に見つけておいた取って置きのスポット。気の知れた仲間や家族とともに”場”をつくるのは、”クラウドカモ”とアースカラーのアルミフレームが相性の妙を見せて、温もりのある天然木のアームレストを配した「SIRI TIME」。さっと広げ、火を焚き料理をかこむ時もあるし、珈琲を入れたり、ただ景色を眺めるだけの日もある。ほんとを言うと何もなくてもいい、そのひとときに交わす話は最高だから。普段は目まぐるしく働いていても、大切な人たちとそういう”間”があるのがなによりのこと。僕の車には何時でも取り出せる様に、いつもこのローアングルの椅子が積んである。

引用元 THAT STORE

見慣れたコンサバティブな商品説明より、リアリティがあって響きます。波乗り後は、10分で片付けてトンボ帰りしていたけれど、椅子を積んでおいて、たまには海で少しのんびりしようかなという気になりました。

THAT STORE

Graphic Art

2000年前後はグライフィティアートが最盛期で
KAZEマガジンなど数多くのZINEが
渋谷タワレコの最上階の本屋に平積みされ
よく立ち読みしていました。
当時のライターの作品はクオリティが高く
素晴らしい作品ばかり。

その当時の流れを組む1999年から続く
バランスウェアデザイン(現Bal)のグラフィックは
アイデンティティを損なわず維持継続する
数少ないブランドで、東京らしさを感じます。
やっぱり真似できるものじゃないんですよね。

Bal

1st Denim jacket

2002年頃「MOTIVE」というブランドの
トラッカージャケットは
LEVI’Sのセカンド(517XX)の型に
グリーンに色落ちするビンテージデニムのリジット。
裏地はチェックのブランケット。
とにかく野暮ったさが全くなくサイズ感が抜群。
だいぶ着倒した後に友人に譲りましたが
非常に後悔した一着です。

写真は別のブログの方のをお借りしました。

19年の歳月が経過していても
本当に好きだったものは気配で分かるんですよね。
どんな高価なジャケットより私の中ではNo.1です。

THE UNION THE OVERALLS
1ST DENIM JACKET

丸ごとお掃除

陰と陽、朝から絶好調の日もあれば
なんだかモヤモヤする日もあります。
良いもの悪いも心構え次第とわかっていても
人の煩悩、妄想から感情というものに判断を委ねられ
しなくてもよい気苦労をするのが人というもの。
そういう日は、毛穴撫子重曹つるつる石鹸で
きれいさっぱり気の汚れまで流しましょう。
重曹の効果か今までに感じたことのない洗い上がり。
さっぱり感が翌日午後になっても続きます。
顔まで洗えて一石二鳥な石鹸です。

毛穴撫子 重曹つるつる石鹸

文明の利器

ただのフックと侮れない。
デザインと使用感が素晴らしいプロダクト。

Puck

Magic Sam

ステップデッキに乗りたいと思って
出会った時に買わなければ
1、2年待ちなんてありえるわけで。

高齢なので世代交代されているかもしれないけれど
それでもAndoriniさんがいるといないとでは
魂の入り方が違う気がしてしまう。

川口のサーフショップに元になった
YATER SPOONを見つけてしまったために
即納か、オーダー1、2年待ちか。

こうなってしまうとどっちもなんて選択も。

K.H.Würtz

デンマーク、コペンハーゲンのnomaが
東京のマンダリンホテルに来た時に
多方面で話題になっていたけれど
私は行けるツテも余裕もなかったので
その後のドキュメンタリーで見るしかなかった。

世界ベストレストラン1位を4回受賞している。
それがどれだけすごいことで美味しいのか
体験しないと分からないけれど
トートイズの柄のような珍しいグレーの器が
劇中だか定かではないけれど印象に残っていた。
今でも1社のみ取扱ある程度で少なく
日本での正規の展開はない。

作り手が表に出ず
使い手が使うためのものづくりを。
使ってみるとコンセプトを体現した
素晴らしい品ということが分かる気がします。

K.H.Würtz

MERMOO YILAN

中国は広州のコーヒーメーカー。
品質もさることならサイズ感
注ぐお湯の量も感触も
今まで使った中で一番いい。
意匠もいいし、お値段以上。

MERMOO YILAN

snow peak

普通のキャンプはしないし
登山で使うには重すぎるし
サーフキャンプにも重すぎるので
家と災害用として。

HOME&CAMP BANNER

Galvanitas

デスクとしても使えるダイニングテーブルで
インダストリアルすぎずかといって普通すぎず
無垢材の素材がよい良いテーブルが
なかなか見つからないと思っていたら
クライアントのクライアントに発見。
S.16 CHAIRは有名だけど
同じデザインでデスクもあるのね。

TD.4 TABLE

Y

ずっと欲しいから、
やっぱり欲しいんだ。
ダイニングテーブルの椅子って
バラバラじゃおかしいのかな。
私的には最後にバランスが取れていれば
なんでもありだと思ってしまう。
良いものはそれなりに値段するわけで
節目節目で惚れた良いものを残したい。

Hans J. Wegner
Y CHAIR

CASEY CASEY

新しいコレクション。
一通りさっと眺めて
さらに気になったものをじっと見ていると
クラクラ目眩がして
気づくとポチっとしている。

絶妙な素材感とシルエット
フィッティングも魅力的だけど
手作業が放つ存在感ってあるよね。

BLOOM&BRANCH

Borge Mogensen

モーエセンNo.1ソファとウェグナーのYチェア。
場所や時代を選ばない。

HOKA ONE ONE

フランスのトレイルランニングブランドの登山靴。
GORE-TEX、Vibram、フィット感も申し分ない。
登山靴の中ではデザインも際立っているのでは。

世間的にレビューが少ないので
実際に登山で使っている人は少ないのかな?
まずは八ヶ岳へ。

COVERCHORD