Skip to content

ONIWA GENERAL DESIGN Co., Ltd. Posts

お酒と脂肪

お酒を続けて飲むと脂肪がつき
飲まないと脂肪が減っていく。
代謝のプライオリティが変わる体感を
はじめて露骨に感じた。

酒が原因ではなく
ツマミを食べすぎて太ると言われるのは
脂肪から先にアルコールの分解に切り替わり
その間にツマミの糖や脂肪が
エネルギーに分解されずに蓄積されていく。
〆のラーメンなんて洒落にならない。

さらにアイデアが浮かばず
集中力も落ちて嫌悪感のスパイラル。
ストレスとなり解放されたくてまた酒を飲む。
病気に直行だ。

オートファジーも意味がなくなるし
IQも下がると苫米地さんも言ってるし
たまに食事と嗜むぐらいで
基本は飲まない方がなにかと体には優しい。

ビーティフル

やっぱり冥土に旅立つときは
手料理を思い出すだろうなぁ。
有難や。有難や。

K.H.Würtz

デンマーク、コペンハーゲンのnomaが
東京のマンダリンホテルに来た時に
多方面で話題になっていたけれど
私は行けるツテも余裕もなかったので
その後のドキュメンタリーで見るしかなかった。

世界ベストレストラン1位を4回受賞している。
それがどれだけすごいことで美味しいのか
体験しないと分からないけれど
トートイズの柄のような珍しいグレーの器が
劇中だか定かではないけれど印象に残っていた。
今でも1社のみ取扱ある程度で少なく
日本での正規の展開はない。

作り手が表に出ず
使い手が使うためのものづくりを。
使ってみるとコンセプトを体現した
素晴らしい品ということが分かる気がします。

K.H.Würtz

こんな夢を見た

広いグランドのような場所にテントが立ち並び
一流の音楽のアーティストや芸能に秀でた
旬な人たちが集まっていた。
疑いようのない純粋な才能の塊の中に
自分もいることがなんだか気後してくる。

紅白の現場とはこういう感じだろうか。
売れた人間というのは
ここまでキラキラしているのかと感服した。
人としてのオーラが強い。

少しずつ周りから人が散っていき
やるせない極度の孤独感にさいなまれる。
突然現れた幼なじみから皮肉をいわれ
一瞬、いやな気持ちになるが挑戦してない奴に
なにも分からないだろうと思い気にしなかった。
今の自分を信じようと。

夢なのに詳細な気持ちのゆらぎが分かる。

ホームパーティのシーンに変わる。
雑多ではあるがよく整頓され
昭和の家庭を代表する脚に彫刻が入った
低い木製テーブルが3つ並べられた部屋だった。
広いリビングには、温かい雰囲気が漂っていた。

懐かしい人もいれば知らない人もいる。
後からくる人達は服が濡れていた。
外は小雨が降っているようだ。

私は準備に取り掛かり数人で作業をはじめる。
芋の薄切りと牛乳か何かに漬け込んだ
芋なますのフランス料理版のような添え物と
他のデザートを一皿に盛り付けていく所で
この料理は一体なんなのか?と心配になったところで
目を覚ますことにした。

パラレルワールドのもう1人の自分は
あれからうまく乗りきれただろうか。

餅屋

糸井さんの本を読んでいたら
人は情報でできているという部分に合点がいく。

仕事するのしても
友達になるにしても
どんなファッションをして
どんな本が好きで
どんな趣味を持っていて
どんな食事をとっているのか
可能な限りその人が知りたい。

仕事も実績と技術力があるのと
伝わるものを作れるかは別次元の話で
WEBの案件一つにとっても
家具が好きな人に家具屋の案件を
美容が好きな人に美容の案件をお願いした方が
完成品を見る角度が違ってくる。

デザインだってカメラだって写真だって同じ。
感性と空気を読む鋭さは最低限のスキルとして
裏表ない自分の情報発信は今後さらに重要に。

砂辺までチキンを買いに

1時間かけ最南端の波をチェックして
5分で切り上げ来た道を1時間かけて戻り
今度は東海岸の天願まで行く。

沖縄FMのパーソナリティの明るい声と
県民のあたたかいエピソードに癒され
また、波に揉まれ、さらに癒される。

仕事は大切だけれど
遊びの方が人間の本懐とぼくは思うわけで。
遊びつくせばそれが仕事になっていく。
とびきりの案件に。

MERMOO YILAN

中国は広州のコーヒーメーカー。
品質もさることならサイズ感
注ぐお湯の量も感触も
今まで使った中で一番いい。
意匠もいいし、お値段以上。

MERMOO YILAN