Skip to content

ONIWA GENERAL DESIGN Co., Ltd. Posts

子ども食堂

子ども食堂について数ヶ月考えていると
仮体験と考える機会を与えられた。
意識してからほんの数ヶ月で
色々と叶うタイミングが早まっている。

生まれた時に物理的な不公平というのは
存在はするけれど
本質的にはまやかしに過ぎず
機会は平等にある。
途中でへこたれなければ。

今も残る過去の古臭い価値観を俯瞰すれば
正しいモノサシではないということがわかり
捕われずツールは賢く利用する考え方を伝える。
それも次のテクノロジーで変わるだろうけど。

総合的に自分の手を使って
なんでもいいから創造できることが
人生の満足なのかもしれないと
子供たちを見ていて感じる。
なんでもいいから。
何かを作り完成まで見届けること。

下田

久しぶりに多々戸

そりゃぁ黄昏るさ

いつも通りにみえて
いつもよりも綺麗な夕日なんだから。

海の恵、旬のわかめ

ヒデさんのところに遊びにいって
帰りにお父さんが取ってきた秋谷久留和産
新鮮なわかめをたっぷりいただいたのですが
これが最高に美味しい。

ぷりぷりの食感となめらかな舌触り
わさび醤油で小ボウル分たっぷり食べました。
旬で新鮮というのは反則ですね。

ありがとうございました。

関澤製作所

できるだけ肯定的に

見た目やスタイルにこだわる時代が
特に衣と住の20世紀的概念は
確実に終わりに近づいている。

ほとんどの人が気付いているはず
モノでは豊かにならなかったことを。
豊かとは自分が体験し納得して次に進めることだと。
その体験を与えることが
仕事の本当の意味だということを。

旅をして経験を積んでいくと
否定は心の孤立を招き
肯定は創造を発展させることを知る。
循環、共栄というもの大切さと
多様性を認める度量と精神性が育まれる。

弾丸でもいいから旅に出るべきです。
できれば一人で。
成長させてくれます。

成長すれば見えないものが
見れるようになる。

冷めても美味しい

由比ヶ浜のアジア商会の取扱う豆は
5年間飲み続けられた唯一のコーヒーで
1年振りに飲んだらやっぱり美味しい。
冷めても美味しいコーヒーはやっぱり本物みたい。
何よりアジアのご家族と話をするとほっとする。

アジア商会

薩埵峠

峠と桜と富士山。日本らしい。
日本らしさについて考えてみる。
“日本人は組織だっているが扱いやすい”と
海外逃亡した誰かが言ってましたけど。
確かにその通り。

ハードモード

セット頭半波数2倍も
ゲッドできれば良い波そうですけど
ミッドレングスで数の多いセットをくらえば
メンタル崩壊確実。
もったいないですが修行の気分ではないので
明日が良さそうですね。

開墾整地

1年休んだ畑を40cm掘り返し耕して日光浴。
一番辛くて、達成感がある一番楽しい作業。
25㎡で長野の時の半分でも
3世帯分ぐらいなら十分な広さ。
次は4月中旬以降に畝作りとマルチ張り。
さて何植えっかな〜。

木村さんの本

ものを作る上で大切なもの。
思いやる、気遣う気持ちが根幹にないと
何もはじまらない。
オールドメディアのTVCMとか
見かけ嘘かけカッコつけ手法では
もう騙されないし人の心は動かない。
失われた感覚を取り戻す日も近い。

趣味の目標

昨日の由比ヶ浜はまぁまぁいい波で
いい練習になったのと
久しぶりに諸先輩方とも会え
元気そうで嬉しかった。

いい波をキャッチして
最後までつないで行けたら
それだけで満足していたけれど
ちゃんとレールの入った
スムーズなカットバックをやるとか
自分なりの目標を作ると
途端に納得の行かない日が続く。

2時間の間に15本未満、10秒から15秒程度。
そのぐらいの時間しか乗っていなくても
長い年月をかけて少しづつできるようになり
微々たる上達もサーフィンの醍醐味。
急がず、焦らず、うまくいく。

V.A.