Skip to content

ONIWA GENERAL DESIGN Co., Ltd. Posts

かわいい子には旅をさせろ

移動距離に比例してアイデアが生まれ
経験により成熟していく。
自分の努力で見たことのない景色や
結果を得る満足感。
乗れる波が増えることが一番楽しい。
ひとまず神奈川へ戻り
波乗りと畑と仕事をしながら
然るべくタイミングまで
懇々と準備したいと思います。

Graphic Art

2000年前後はグライフィティアートが最盛期で
KAZEマガジンなど数多くのZINEが
渋谷タワレコの最上階の本屋に平積みされ
よく立ち読みしていました。
当時のライターの作品はクオリティが高く
素晴らしい作品ばかり。

その当時の流れを組む1999年から続く
バランスウェアデザイン(現Bal)のグラフィックは
アイデンティティを損なわず維持継続する
数少ないブランドで、東京らしさを感じます。
やっぱり真似できるものじゃないんですよね。

Bal

シャイニング考察系

シャイニングの考察映画。
ドクター・スリープが続編なのは
ちゃんとテーマが引き継がれてるからなんですね。

キューブリックが示す
過去の悪魔からの脱却の方法は
ダニーが足跡を辿るように
過去の出来事を学ぶことだ。
自分を磨きパターンがわかれば
危機は去り、事態は好転する。

この言葉は今の自分には納得できます。

温泉批評

就寝前のお供です。
源泉掛け流しは天然ミネラル成分の
効果効能は体感を感じられますし
仕事の脳働と精神労働、波乗りの疲れを
限界まで溜めて入った温泉なんてトビます。
日帰りでもぜんぜん構いませんが
秘湯旅館で一泊でもしたら
今生の幸せこの上ありません。
日本の温泉文化は最高です。

修善寺 あさば

awake

居心地のよいところを抜け
どこでも良いから
可能な限り長く、遠くへ。

自然にふれないと
自然な自分はわからないし
自然にふれていないと
心は反応しないから
声をかけ続ける。

そうして突然それはやってくる。
深い藪を抜け一本の道に出たかのよう
くもりもなく無駄が消えた上に
その名分が確実なものとなった。

UB40

夏前

沖縄の海は風と波の音にあたってるだけで
抜群のリラックス効果です。
本州とは温泉の泉質のように違いがあります。
ここは琉球王国なんですよね。
奄美から南の島々は日本の括りであるけど
日本ではないような時間や個性を感じます。

Mitsven Egg

Mitsven Egg
Mitsven Egg

理由はなくEGGのアウトラインが好きで
何本も欲しくなります。
自分の性格にぴったりなものがあれば
色をかえて常時3本は持っておきたいぐらいです。
そして2本はオーダー中なんて。
そんな贅沢はお天道様が許してくれません。

Mollusk

丘の上

沖縄
沖縄

沖縄は高台かからの景色が抜群です。
奥にはエメラルドの海が広がっていますが
雨だと雲が反射して同化してしますね。
ただ、ジャングルは雨も似合います。

Basquiat

In italian

誕生日に頂戴いたしました。
数億以上する原画と数万円のポスターと
価値を感じる差は人それぞれでも
あらゆる喜びはバスキア本人だけの
ものなんでしょうね。
私は所有欲が強くないので
質にもよりますがポスターで十分です。

ノーコンセプト

沖縄は久々の晴れ。
久しぶりに日光によりセロトニンが合成され
気分も爽快な一日です。

残り半年となりました沖縄での生活。
もともと2拠点での活動として模索していましたが
今の世界情勢と所得も技術も日本はとうに
アジア諸国に遅れていることを知り
現実的かつ身の丈にあった選択を取ることにしました。

違和感だらけになり鎌倉を出ましたが
移動距離の分だけアイデアが深まり
ノーコンセプト、あえて設けないというのも
力が抜けて余白があっていいなと
俯瞰して考える有意義な旅となりました。

集まってくるヒトモノコトに偽りがなく
重厚すぎて重くならず
バランス感覚は養えたと思います。
次に生かすのは2022年以降。
まずは彼処へgo backです。

Spiber

「人類社会におけるサステナブルな未来を醸成する」

サステナブルは流行ではなく
実際に危険な状態なんでしょうね。

NORTH FACEとSpiberが共同開発した
Moon Parkaが2019年に発表され話題になりましたが
やはり注目度が高く多額の資金が集まっています。

スパイバーが開発したこのブリュード・プロテインは
植物由来のバイオマスを原料とた人工タンパク質で
ナイロンやプラスチックなど石油製品にとって変わる
変幻自在の地球の未来を担う新素材のようです。

故郷の山形(鶴岡)に未来を担う会社があるのも
嬉しいですし感銘を受けます。

Web Siteの構成も簡潔で伝わりやすく
余計なアニメーションで着飾ることもせず
それでいて企業としては先鋭的な印象を受けます。
作り手として見習うところが多いと思います。

20世紀的資本主義のビジネスや金儲けという言葉や
概念が過去の産物と感じざるおえません。
食うために仕事をする時代は終わり
好きなことに心血を注ぐ時代が目の前に来ています。

Spiber